ロスト試乗ボード3本

ロストの人気モデル3本が

期間限定で

ベアフットに

試乗ボードとして届きました。

まずは

今年

大人気モデル

コンクエストから↓
d0119852_942895.jpg


圧倒的なテイクオフの速さ。

長さで浮力を稼ぐのではなく、

あくまでもボードは短めに、

そして圧倒するボリュームが実現した超浮力が、

信じられないテイクオフの速さを実現します。

この、反重力で走るようなサーフボードには

いままでの適正浮力の概念は適用されません。

レトロモデルのようなフラットロッカーではなく、

シャークのロッカーを使い、

掘れた波でもパーリングせず、

しかも軽快に動きます。

小波専用のモデルではなく、

日本ならばかなりのサイズまで対応できるはずです。

世界初、エレベーターウイング、ラウンドピンスカッシュテール。

世界初の、いままで誰も見たことの無かった

エレベーターウイング、ラウンドピンスカッシュテールを採用。

アップスンしてるときは、

ラウンドピンで、スムースでやさしくクルーズでき、

レールを傾けると、

アウトラインの短い、スカッシュになり実際のボードの

長さよりも短くなりターンが容易になります
(ダイアモンドテールの効果ににています)

さらに、このエレベーターウイング部分に

強いロッカーが付いていて、このボリュームにて、

信じられないほど

クイックなターンを行えます。

ラウンドピンの部分は、

深いダブルVEEコンケーブ。レールは、丸くラウンドレール。

選べるフィンシステム。
フィンは、4フィン(QUAD)と3フィン(TRI)を波と好みによって

選択できる5フィンシステムを標準装備。

日本製の非常に精度が高いフィンメーカー「Ratio」に、

このボリュームでも軽々と動くように、カスタムで特殊な形状のフィンを

開発してもらっています。

フィンにもCONQUESTのロゴマークが入ります。

クイックでシャープな動きをしたいのなら、

クワッドに

オーソドックスに大きなターンで攻めたいなら

トライを選択してください。

波のサイズでフィンシステムを選択する必要はなく、

どういう波乗りをしたいかで決めるというコンセプトです。 





※Raitoフィンとは

アンディ・アイアンズが、

パイプラインマスターズで

優勝した時に使い

性能が実証された

メイドインジャパンの

高精度なハンドメイドフィンです。









次はフィッシュクエストです↓
d0119852_944918.jpg

長さではなくボード面積で浮力アップ

ノーズは幅広で、テールも幅が

ラウンドノーズフッシュや

コンクエストよりも広いので

ボードレングスは短いが

テイクオフの早さはコンクエスト譲りの性能を持ちます。

そしてエレベターウイングにも

ロッカーが付いているので、

左右のレールの切り返しが軽快に行えます。

幅広のテールですが

左右のレールの切り替えしを楽にしてくれる。


コンクエストとは違う、

先端が尖り曲線を持つ

新しいウイングの形状をしています。

このウイングの先が

やや尖った部分がレールを傾けた時、

ピポットの役目をしてくれ、

ターンのきっかけを

はっきりしたものにしてくれるのです。

ボードレングスがとても短いので

小波でもRNFから譲り受けた

クイックでタイトなターンが可能です。

ボトムコンケーヴは

シングルから

フロントフィン辺りからダブルになり

後ろ足部分からテールエンドにかけては

深いラウンドコンケーブという

FISHQUEST専用ボトムデザインで、

厚みのあるボードも

上下の動きや返しや楽に行える設計です。

ヒザ~コシ、ムネサイズで

早くスムーズなテイクオフから

他のボードでは味わえない

ワンターン目までの余裕は

あなたのサーフィンを新しい次元へ導いてくれます。

このフッシュクエストに乗れば、

波を捕まえる本数やロングライディングが

増えることを約束します。

このフィッシュクエストと、

コンクエストを持っていれば、

混雑した海であらゆるコンデションで

ピークから波に乗り放題になってしまうことでしょう。

ラウンドノーズフィッシュは

短くて乗るのが不安だった方へも、

これだけの浮力が有る

FISHQUSETなら

短いボードに

乗れるか

不安のあなたの

悩みを解消してくれます。


ロケット
(SHANE BESCHEN FIVE STAR SERIES★★★★★)
d0119852_1065859.jpg


『ROCKET』 は、

加速感のよい、

軽量でバワーのある

小型車のような乗り物感覚で、

フィッシュボードでも

ノーマルトライでもない、

新しいサーフボードです。

とても広いテールの面積が

波の力を受けながら

スピードを常に落とすことなく、

小さな波やパワーレスの波、

厚くブレイクする波でも

スイスイとスピードに乗っていられる設計です。

ノーズからテールまで深く削り込まれた

シングルコンケーブが

ライディング安定感と加速性能をサポートしています。

波を乗り繋ぐことが優れているこのボードに乗れば、

今まで以上に、テイクオフから

常にスピードに乗ってサーフ可能です。

またこのボードの開発テストライダー、

シェーンベッシェンは

エアリアルのような

モダンサーフマニューバーまでも

視野に入れて開発しているので、

リップやスライド系のアクションも行えます。

エンドフィンが通常よりも前にセッティングされ、

ボードが思う通りに動くようにデザインされています。

シェーンベッシェンの

小波用パフォーマンスフィッシュボードが

このロケットです。

このボードは、当初、

彼の息子ノアの為にシェイプされた、

5'3"を元にシェーンがテストライドを重ね

研究開発されたボードです。

特にブレイクの変化が激しい、

ビーチブレイクへの

対応を得意とするボードです。

丸く乗り味の優しいレールとフラットデッキ、

ワイドなロケットテールが特徴的なデザインです。

ノーズエリアのエントリーロッカーは、

スピードを出やすくする為に、

そしてテールエリアのロッカーは

ワイドテールを急激なターンに対応させる為に

標準的なロッカーよりもキックしています。

ボトムには、

ボード中央の

ストリンガーラインに合わせ

ディープコンケーブが

ビルトインされています。


d0119852_10183545.jpg


レールボリュームです。

左、コンクエスト、

真ん中、フィッシュクエスト

右、ロケット

コンクエストのボリュームが

圧倒的ですね。

ロケットのレールが薄く見えます。



ロストの

試乗ボード

ゼヒ

体感してみてください♪
[PR]
by barefoot-s | 2008-07-25 10:09
<< 試乗 さっき >>