人気ブログランキング |

rlm rubber社の試着用AWS

現在10着ほどご用意しております。

サイズや枚数に限りがあります。

お気軽にお問い合わせください。

d0119852_12294862.jpg
d0119852_1230354.jpg


rlmがAWS用ブーツに採用

サーフ中のブーツのフィット感のよさを

聞きつけた

某大手メーカーがコピー中という話しも聞くこのブーツ

d0119852_1515958.jpg

左が内側、右が外側

このように逆さまにひっくり返しブーツ内が濡れても乾かすのが簡単です。

他では

rlm社のhadosonモデルを

丸々コピーしているブランドもあるとか・・・


wet業界もかなり注目している

rlm社のAWS

来期オーダーご検討中のかたはぜひ

一度試着しサーフしてみてください。




私がAWSをテストして感じた特徴は
(こちらは個人的感想なので参考までにお読み下さい)

AWS自体の軽さ
パドル~サーフ中の動作を

AWS着用時と

セミドライ着用時の重さと比較すると

セミドライの厚み

起毛に含んだ海水の重量からくる

身体にかかる負担を軽減

セミドライ特有の重たさからくる疲労から開放されます。





着替えがイージー

AWS内部がほぼ乾いた状態なので

サーフ中

サーフ前後の着替えも全身が冷えにくく着替えが簡単楽チンです。
(2R目のサーフする時着替えも楽です)




注意点も数点あります。


よくある質問ですと

海水の浸入はどーですか?

海水まったくはいらないんですよね?


こちら

水の浸入は個人差もありますが若干

海水の浸入はあります。

波のサイズやワイプアウトやドルフィンスルーの際の

首の曲がり具合や水圧などが考えられます。





AWSのメリット&デメリットなど

注意点を店頭にて確認してみてください。

正しい使用方法を把握していただければ

最高の冬波をゲットできる事でしょう♪


その他いろいろな質問、疑問などあれば

SURF REPSさんにて詳しく検証しているのでチェックしてみてください




by barefoot-s | 2010-03-27 13:27
<< 仙台新港 3D SURFBOARDS社 >>